おすすめのお得な化粧品トライアルセットはコチラをチェック!

【宗像三女神】のご利益や神話のあらすじを簡単に分かりやすく解説

宗像三女神って一体どんな神様なんだろう?

気になりますよね。

  • 宗像三女神のご利益は?
  • 宗像三女神の神話はどんな物語?
  • 宗像三女神はどこの神社にお祀りされてるの?

などなど、宗像三女神とは一体どんな神様なのか、簡単にシンプルに分かりやすくご紹介します!

宗像三女神とはどんな神様?

 

宗像三女神(ムナカタサンジョシン)とは神話に登場する三姉妹の女神様を指します。

姉アマテラスオオミカミと弟スサノオノミコトの間に生まれました。

美人三姉妹の神様で、日本を代表する海や航海の神様として信仰されています。

宗像三女神が祀られている神社で特に有名なのは広島の厳島神社です。

3人の中でも特に美女のイチキシマヒメノミコトは神仏習合の影響で七福神の弁天様と同じ神様であると考えられています。そのため弁天様として姿を変えてお祀りされている神社もあります。

多紀理毘売命(タギリビメノミコト)

別称: 奥津島比売命(オキツシマヒメノミコト)、田心姫命(タゴリヒメノミコト)

多岐都比売命(タギツヒメノミコト)

別称: 湍津姫命(タキツヒメノミコト)、田寸津比売命(タキツヒメノミコト)

市杵島姫命(イチキシマヒメノミコト)

別称: 狭依毘売命(サヨリビメノミコト)、弁天様

宗像三女神のご利益・ご神徳は

  • 海上安全
  • 交通安全
  • 財福
  • 商売繁盛
  • 芸能上達

など

宗像三女神が登場する神話の物語は

宗像三女神は『古事記』の中で、姉のアマテラスと弟のスサノオが対立する場面で登場します。

スサノオノミコトは母を失った悲しみで泣いてばかりいるので父のイザナギノミコトから追放されてしまいます。

スサノオが「姉のアマテラスに挨拶にでも行くか」、と立ち寄った高天原で二人は対立するのです。

挨拶に来たスサノオをアマテラスは警戒します。スサノオが高天原に近づくにつれて轟音が鳴り響くので、「スサノオが何かよからぬことを企んでるのではないか」と感じたのです。

そしてついに二人は対面します。スサノオは自分が何も企んでいないことを証明するため、「誓約(うけい)」をします。誓約とは占いのような、ゲームのようなものです。

その誓約でアマテラスがスサノオの剣を噛み砕いて誕生したのが宗像三女神です。

一方スサノオはアマテラスの髪飾りなどを噛み砕き五人の男の神様を産んでいます。

二人は誓約のルールを取り決めていませんでしたが、スサノオが

「私の剣から産まれたのは3人の優しい女の子(宗像三女神のこと)。だから私の勝ちだ」

と一方的に喜んで引きあげたそうです。

そして後に宗像三女神は北九州の玄界灘に降りて海の守護神となるよう命じられたと言われています。

宗像三女神が祀られている神社は

厳島神社宗像三女神

宗像大社(福岡)、厳島神社(広島)などがあります。

宗像大社も厳島神社も世界遺産に登録されています。

九州本土から60キロも離れた「神宿る島」と言われる沖ノ島は宗像代謝の境内地であります。

厳島神社は日宋貿易の拡大を図る平清盛によって厚く信仰されました。

神社の神様を知るのにおすすめの本

以上、宗像三女神についてのご紹介でした。こうして特定の神様が気になるのは何かのご縁かもしれません?

この記事の参考文献はこちらの記事にまとめて記載しています。どの本も神社の神様を知るのに分かりやすく読みやすいのでおすすめです。