【卵を毎日食べてる方へ】強制換羽(かんう)って聞いたことありますか?

転職サイトと転職エージェントの違いをシンプルに説明~求人サイト2タイプあります

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトとネットで検索すると様々な転職サイトが出てきますが、転職サイトは転職サイトと転職エージェントの2つに分けられます。

例えば転職サイトにはリクナビNEXTリクルートエージェントがありますよね。

どっちもリクルートが運営してるのに何で2つあるの?

と疑問に思う方も多いと思います。リクナビNEXTは転職サイトで、リクルートエージェントは転職エージェントです。

この記事では転職サイトと転職エージェントの違いを簡単に説明します。

似ているようで、この2つは全く別物なので転職サイトに登録する前によくご確認下さい。

転職サイトとは

転職サイトは様々な求人情報をweb上で公開しているもので、求職者が主体となって就職活動をします

求人情報を自分で好きな時に見つけて、自分で応募して企業と直接やりとりをします。自分のペースで転職活動をしたいという方向けです。

転職サイトのメリット

誰からも干渉されず自分のペースで職探しができる。

転職サイトのデメリット

自分でこまめに情報をチェックしないと貴重な求人を見逃してしまう可能性がある。

おすすめの転職サイト

大手

  • リクナビNEXT
  • マイナビジャパン
  • エン・ジャパン
  • DODA
  • 日系キャリアNET
  • MIIDAS

 

女性向け

  • とらばーゆ
  • 女の転職@type

 

外資系・海外転職

  • Daijob.com
  • Working Abroad

転職エージェントとは

一方転職エージェントは、転職のプロフェッショナルが求職者に対して仕事の紹介や転職のアドバイスなどのサポートをしてくれます。

自分の経歴を客観的に見て、自分に合った職業のアドバイスをしてくれます。また履歴書の書き方や面接のアドバイスなど至れり尽くせりです。

転職エージェントがしてくれることの例
  • キャリアプランや転職の流れについてカウンセリングでアドバイスをくれる。
  • 非公開を含む求人情報の提供。
  • 履歴書や職務経歴書の添削。
  • 企業に対して推薦状を出してくれる。
  • 面接の対策。
  • 企業と面接の日程を調節してくれる。
  • 企業と条件を交渉してくれる場合も。
  • 皆さんのお仕事を探すのが彼らの仕事なので、効率よく情報収集できるなどメリットが大きいです。

担当者から求人の情報が届いたりやりとりする機会が増えるので、転職にそれ程前向きでない方にはおすすめできません。本気で転職活動をしたい方におすすめのサービスです。

転職エージェントのメリット

自分の経験を担当者が客観的に見てくれるので自分に合った職種や企業など的確なアドバイスがもらえる。自分一人で活動するよりも求職の視野が広がる。

転職エージェントのデメリット

担当者から求人情報やおすすめの企業など定期的に連絡が来るのでやりとりをする手間が増える。(連絡の頻度を減らしたい場合は事前にお伝えしましょう。)

おすすめの転職エージェント

大手

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • ビズリーチ
  • doda
  • JAC Recruitment

派遣会社

  • パソナキャリア
  • ランスタッド人材紹介

外資系

  • JAC Recruitment
  • ロバート・ウォルターズ
  • マイケルペイジ
  • アージスジャパン
  • ISSコンサルティング

まとめ

以上転職サイトと転職エージェントの違いをご紹介させていただきました。

簡単にまとめるとこう言い換えられます。

  • 転職サイトは自分一人で転職活動をする。気軽に求人情報を見たい方向け。
  • 転職エージェントは転職のプロと組んで転職活動をする。本気で職探しをしたい方向け。

似ているようで2つは趣旨が異なるので登録する前によくご確認下さい。

転職サイト自分一人で活動すると書きましたが、今は転職サイトのサポートも充実していて何か疑問があれば相談することも可能です。

また転職サイトと転職エージェントが連携している場合もあるので、転職サイトから転職のプロに相談を依頼することも簡単にできるものが多いです。例えばリクナビやマイナビなどです。

転職サイトも転職エージェントも大半が無料で利用できます。

また転職サイトは無数にありますが、ITや外資系など何かに特化した求人を扱っているサイトもあればリクルートのように幅広く一般的な求人情報を扱っているサイトもあり各社特色があります。

やみくもにサイトに登録せずに、自分が就きたい職種や業界を見極めて登録することで、自分にとって有益な情報を得ることができます。

転職サイトやエージェントとは相性もあるので、ご自身にとって使いやすいサービスを利用されるのが良いと思います。

うまく転職サイトを活用して、英語の求人情報をGetしましょう!