おすすめのお得な化粧品トライアルセットはコチラをチェック!

【海幸彦と山幸彦】古事記のあらすじを簡単に分かりやすく解説!

海幸彦と山幸彦の古事記のあらすじを知りたい。

古事記は話が複雑で分かりにくい部分もありますよね。

  • 海幸彦と山幸彦の神話(古事記)のあらすじは?
  • 海幸彦と山幸彦とはどんな神様?
  • 海幸彦と山幸彦の神様はどこの神社にお祀りされてるの?

などなど、海幸彦と山幸彦の神様について、簡単にシンプルに分かりやすくご紹介します!

海幸彦と山幸彦とはどんな神様?

海山彦と幸彦とはニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの間に生まれた神様です。

ニニギノミコトは宮崎県の高千穂に降臨した神様で、コノハナサクヤヒメは富士山の象徴とも言われる絶世の美女の神様です。どちらも古事記の中で重要な役割の神様です。

二人の間に生まれたのが海の幸を求める海幸彦(うみさちひこ)と山の幸を求める山幸彦(やまさちひこ)です。

実は三人兄弟で、もう一人ホスセリという神様もいるのですが、古事記の中には登場せずその運命については不明です。

海幸彦が長男で山幸彦が末っ子と言われています。(諸説あります)

海幸彦と山幸彦の物語のざっくりとしたあらすじ

物語の主人公はどちらかというと弟の山幸彦です。物語のあらすじを簡単にご紹介します。

<ざっくりとしたあらすじ>

  • 山幸彦が兄の海幸彦の大事な釣り針を失くしてしまう。兄は許してくれない。
  • 落ち込んでいた山幸彦は海底の宮殿に行き、トヨタマビメに出会い結婚する。
  • 山幸彦は無事に釣り針を見つけ、兄の海幸彦に返す。
  • 仕返しとして山幸彦は兄に復讐する。そして山幸彦は山と海、両方の力を手に入れる。

もう少し詳しいあらすじを次の章で書いています。もっと内容が知りたい方はぜひ読んでみて下さい。

海幸彦と山幸彦の古事記の簡単なあらすじ

山幸彦が兄の海幸彦の大事な釣り針を失くしてしまう。兄は許してくれない。

海幸彦(兄)は海で漁を、山幸彦(弟)は山で狩をして暮らしていました。

山幸彦はたまには漁もしてみたくなり、兄の海幸彦から釣り針を借りました。

しかし山幸彦は全く魚が釣れず、兄の大事な釣り針を失くしてしまいます

山幸彦が釣り針を1,000本手作りしても兄は「元の針じゃなきゃダメだ」 👿 と言って断固として許してくれません。

落ち込んでいた山幸彦は海底の宮殿に行き、トヨタマビメに出会い結婚する。

山幸彦が海辺で泣いていると、潮路をつかさどる塩椎神(シオツチノ神)に出会います。そして海底の宮殿に行くよう助言をもらいます。

その宮殿で山幸彦が出会ったのが豊玉毘売命(トヨタマビメノミコト)です。そこで二人は恋に落ちます。二人は結婚し3年の月日が経ちました。

後に二人の間にはウガヤフキアエズが生まれます。

山幸彦は無事に釣り針を見つけ、兄の海幸彦に返す。

幸せに暮らしていましたが、山幸彦は次第に兄の海幸彦のことを思い出すようになり落ち込んでため息をつくようになりました。

塩椎神(シオツチノ神)が心配して事情を聞くと、海中の魚を集めて釣り針のありかを探しました。すると鯛の喉に釣り針が引っかかっていることが分かったのです。

山幸彦は塩椎神(シオツチノ神)から呪文と水を支配する力を持つ珠(たま)を授かり3年ぶりに海幸彦の元へ向かいます。

仕返しとして山幸彦は兄に復讐する。そして山幸彦は山と海、両方の力を手に入れる。

釣り針を返し、呪文を唱えると海幸彦は次第に貧しくなり心が荒んでいきます。最終的には山幸彦は兄の海幸彦を屈服させました。

山幸彦と豊玉毘売命の間に生まれたウガヤフキアエズは初代神武天皇の親となります。

つまり、山幸彦が兄を屈服させて山と海の霊力を得たことで、子にもその力が備わり天皇家が天下を支配することができるようになったということを物語は伝えたいのかもしれません。(色々な解釈があります。)

海幸彦の別名

  • 火照命(ホデリノミコト)
  • 海佐知毘古(ウミサチビコ)

海幸彦の守護分野

  • 漁業

海幸彦をお祀りする神社はどこ?

  • 潮嶽神社(ウシオダケ神社・宮崎)

海幸彦をお祀りする神社は潮嶽神社のみです。

山幸彦の別名

  • 火遠理命(ホオリノミコト)
  • 山佐知毘古(ヤマサチビコ)
  • 彦火火出見尊
  • 天津日高日子穂穂手見命(アマツヒコヒコホホデノミコト)
  • 天津日高彦穂穂出見尊

山幸彦の守護分野

  • 稲穂
  • 農業

など

山幸彦をお祀りする神社はどこ?

  • 駒形神社(岩手)
  • 若狭彦神社(福井)
  • 鹿野田神社(宮崎)
  • 青島神社(宮崎)
  • 高祖神社(福岡)
  • 鹿児島神宮(鹿児島)

など

神社の神様を知るのにおすすめの本

以上、海幸彦と山幸彦の物語についてご紹介しました。こうして特定の神様が気になるのは何かのご縁かもしれません?

この記事の参考文献はこちらの記事にまとめて記載しています。どの本も神社の神様を知るのに分かりやすく読みやすいのでおすすめです。