【卵を毎日食べてる方へ】強制換羽(かんう)って聞いたことありますか?

海外向け日本紹介のプレゼン例5つをご紹介

今度海外の友達に日本紹介のプレゼンをするんだけど、どうやってプレゼンしようかな?何かいいアイデアはないかな?

こんなお悩みにお答えします。

<この記事の内容>

  • 海外向けに日本紹介のプレゼンアイデアを5つご紹介します。

紙芝居

紙芝居も立派な日本文化の一つです。

紙芝居を使って日本の昔話を紹介したり、日本の宗教などについても説明することができます。言葉だけで説明するよりも絵があることで内容を理解しやすくなるのでおすすめです

大きな画用紙を使って手作りすることもできるし、市販の紙芝居を活用して物語を言いやすく翻訳して使うこともできます。

大勢に見せる場合は、遠くの方にも見えるように紙の大きさと色使いに気を付けましょう。(色が薄いと遠くから見えないことがあります。)

おすすめの商品

小僧さんの地獄めぐり

日本で一般的に教えられている死後の世界を紹介できる紙芝居です。仏教の教えを紹介したり、日本では子どもたちがこのような怖い話を通して道徳を学ぶと紹介することができます。

くもの糸

芥川龍之介の名作くもの糸の紙芝居です。地獄に落ちた罪人がくもの糸をたどって天国にはいあがろうとするお話です。「人に親切にすることが大切」という教えを紙芝居を通して伝えることができます。

かさ地蔵
手作り紙芝居セット

自分で手作りしたい場合はこちらがおすすめです。

DVD

日本紹介のDVDを使って効率よくプレゼンすることも一つの方法です。

英語で日本を紹介しているDVDを使い、必要な箇所で詳しい説明を加えれば立派なプレゼンになります。

映像があることで聞き手にも内容が伝わりやすくなります。

例えば富士山の説明をする際に、映像で見せることで富士山がどんな山か立体的に知ることができるので聞き手の理解度が高まります。

イラストや写真で紹介する

DVDを使うのが難しい場合は、イラストや写真を使って説明をするのがおすすめです。

スクリーンなどの機材が使えない場合は、写真を大勢の人に見せても見えにくいので市販のカレンダーの写真を使うと便利です。

おすすめの商品

行事絵本カレンダー

日本の年中行事のイラストが描かれたカレンダーです。2月は豆まき、3月はひな祭り、5月は鯉のぼりなど日本の伝統行事を紹介するのに役立ちます。

日本の踊り

盆踊りも立派な日本を代表する文化の一つです。盆踊りのCDやDVDをかけてみんなで踊れば盛り上がること間違いなしです。

盆踊りは単なる踊りではなく、死者の魂を弔うためにお盆に行われると背景を説明することをお忘れなく。

仏教や神道など日本の宗教についても話題を広げることができます。

他にも炭坑節も簡単で踊りやすいのでおすすめです。

おすすめの商品

おんどでおどろう!~みんなでお祭り・盆踊り~

ゲームやクイズで日本紹介

あみだくじも日本特有のゲームです。ルールを説明するのがちょっと大変ですが、景品をつけてみなであみだくじをすれば盛り上がります。

他にも日本の文化をクイズ形式で紹介すると場を盛り上げることができます。

また漢字の仕組みや意味に海外の方は興味深々です。漢字を大きな画用紙に書いて、「これはどんな意味でしょう?」とクイズすると海外の方はくいつきますよ。

おすすめの商品

マス目入りの模造紙

あみだくじをする場合は大きな模造紙があればできます。マス目が入ったものなら線を引くさいに便利です。

マス目模造紙 2枚巻 ブルー マ-11B(2枚入)

スケッチブック

漢字のクイズをする場合はスケッチブックなどが使えます。大勢に見せる場合は大きめのA3を使うのがおすすめです。

最後に

以上、海外向けの日本紹介プレゼンのアイデアを5つご紹介させて頂きました。
ただ言葉で説明するだけよりも、ちょっとした小物を使うだけでインパクトが大きくなります。

皆さんの日本紹介プレゼンがうまくいくよう応援しています!