【卵を毎日食べてる方へ】強制換羽(かんう)って聞いたことありますか?

ナタリーポートマンが子供時代に出演した映画4選・映像つきでご紹介

ナタリーポートマンが子供時代、どんな映画に出たのか知りたい。

美人で可愛くて実力派女優のナタリーポートマン。2020年6月には新作映画「ポップスター」で苦労の人生を歩む大物歌手役の主演を演じました。

ナタリーポートマンについてもっと知りたい方のために、この記事ではナタリーポートマンが子ども時代に出演した映画の情報についてまとめました。

ナタリーポートマンは1981年イスラエルに生まれました。幼少時代にアメリカに移住し、小さい頃からモデルとして活躍していました。

現在はハリウッド女優として、様々な役柄をこなし可愛く、美しく人々を魅了しています。

ウマコ
ウマコ
ではさっそく見ていきましょう。

ナタリー・ポートマンが子供時代に出演した映画

「レオン」

ナタリーポートマンが初出演したのはフランス映画の「レオン」です。13歳の若さで映画界にデビューしました。

ナタリーは、「レオン」の中でマチルダを演じました。殺し屋のレオンとの関係を描いた物語です。

ある日マチルダの家族が殺害されてしまい、復習のためにレオンに人の殺し方を教わるのです。

ナタリーポートマンは子供ながらに難しい訳を演じています。

「レオン」の動画一部

「ヒート」

ナタリーポートマンが2作目に演じたのは「Heat」です。1955年に公開されたアメリカのアクション映画です。

ナタリーポートマンが14歳の時で、ローレン・グスタフソンという映画の中で自殺未遂をし、命を落としてしまう役を演じています。

後にナタリーは「Los Angeles Times」のインタビューでこう語っています。

「ヒートに出演したのはまだ14歳の時で、映画の1年後母とケンカして自傷行為をした。そんなことしたことなかったし、それ以降してないけど、映画の中で自分の手首から血が出てたのを見たのが影響したんだと思う。」

14歳の若さで自殺未遂をする役を演じるなんて、仕事とはいえ精神的な影響が大きそうですね。

「ヒート」の動画一部

「ビューティフルガールズ」

1995年に全米で公開された「ビューティフルガールズ」の中でナタリーポートマンは「マーティー」の役を演じます。

主人公のピアニストのウィリーがある日マーティーと出会い、付き合っている彼女のことや人生についていろいろと考え始めるます。彼らの人生や考え、生活を描いた人間ドラマです。

「ビューティフルガールズ」の動画一部

「マーズ・アタック!」

「マーズ・アタック!」は1996年にアメリカで公開されたティム・バートン監督のSFコメディです。

アメリカに火星人が襲来し、ジャック・ニコルソンが演じる大統領が地球を守るために火星人とコミュニケーションを取ろうと試行錯誤します。

50年代の映画なのでCGが今のようにリアルすぎないので、それがまたまた良い味を醸し出しています。

ナタリーポートマンは大統領の子供時代の娘「タフィ・デイル」を演じています。

「マーズ・アタック!」の動画一部

終わりに

以上、ナタリーポートマンが子供時代に出演した映画のご紹介でした!

2020年6月にはナタリーポートマンが主演を演じる「ポップスター」が公開されました。子どもの頃の可愛らしい姿が現在39歳となり、演技に磨きがかかっています。